法定翻訳

フランス語法定翻訳を

滞在許可証や運転免許切替えに必要なフランス語法定翻訳を数日で発行

当社はフランス控訴院に認定を受けた法廷鑑定官として、法定翻訳の資格を持つため、当社発行のフランス語法定翻訳は、フランス全土及びモナコで有効です(日本語フランス語、フランス語日本語)。

第三者を介さず、直接お客様の文書を当社で翻訳を致しますので、お客様にとって大きなメリットがあります。

  • 短期間で翻訳:戸籍謄本なら通常、営業日1~2日で発送します
  • リーズナブルな料金:翻訳会社や日本人会を通さず当社が直接翻訳します
  • 品質:仕上がりには定評があります
  • 迅速な対応:メール等でのお問合せに素早く対応します

法定翻訳のお申込み方法はこちらへ 

法定翻訳の例

  • 戸籍謄本(全部事項証明)
  • 戸籍抄本(個人事項証明)
  • 死亡証明書
  • 婚姻届受理証明
  • 会社登記事項証明書(履歴事項全部証明書、現在事項証明書等)
  • 会社定款
  • 免許証、運転免許経歴証明書、運転記録証明書、無事故無違反証明書
  • 住民票
  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 学位、卒業証明書、成績証明書
  • 診断書
  • その他公的文書

法廷での通訳についてはこちらへ

フランス語法定翻訳

フランス語の
「法定翻訳」とは
何ですか?

「法定翻訳」とは、公文書の翻訳で、官公庁でも有効とされる翻訳文書を示す言葉です。現在日本語で「法定翻訳」と呼ばれる翻訳には3種類がありますが、それぞれ翻訳の方法や効力が異なります。

  1. フランス控訴院より司法鑑定官として任命を受けた法定翻訳官(traducteur assermenté)による公文書の翻訳:フランスにおける正式な法定翻訳はこちらを指します。法定翻訳者が丸印を押し、翻訳が原本に相違ないことを証明する文言等を加え、全ページに翻訳者本人が署名をします。
  2. 在仏日本領事館発行の仏文証明書:領事館でも戸籍謄本等の一部翻訳を行っていますが、扱う文書は限られ、抄訳の場合があります。
  3. 在日フランス大使館が指定した日本の翻訳会社による翻訳:フランス大使館へのビザ申請等には有効ですが、フランス官公庁(市役所、県庁、移民局など)での滞在許可証申請、運転免許証引き換え等には受理されないケースが出ています。

正確に言うと、フランス語には「法定翻訳」という言葉はなく、「原本に一致していることを証明した翻訳文書(traduction certifiée conforme à l’original)」が正式名称です。フランスでは上記1.のみを指します。

当社は上記1.にあたり、その法定翻訳はフランス全土及びモナコで有効です。特に「traducteur assermenté」の指定がある場合には、フランス控訴院認定法定翻訳者の翻訳が必要ですのでご注意ください。

法定翻訳のお申し込み方法

お客様の声

お問い合わせフォーム

お問合せはこちらへ