フランス翻訳者組合について

フランス翻訳者組合La Société Française des Traducteurs (SFT)は、プロ翻訳者·通訳者をまとめるフランス最大の団体です。当社は2009年より正会員として活動に参加しています。

倫理規定で通訳・翻訳のプロとしての仕事を保証

入会料金を支払っただけでは、フランス翻訳者組合に加盟することはできません。様々な基準をクリアし、入会選考委員会の入会許可を得て初めて正会員になることができます。もちろんこの基準には、フランスの法律に準拠して事業登録をし、適正な事業を行い、必要な税金や社会保険を納税していることも含まれます。

当社では、同組合の正会員として倫理規定に署名し、通訳·翻訳の任務を行っております。倫理規定は、お客様との関係において、通訳·翻訳者の実直さ、誠実さ、倫理観とその能力の高さを保証する基本前提を示しています。なお、通訳·翻訳者には守秘義務があり、当社もお客様の機密を厳守します。

お客様にさらにご満足いただくよう技術研修に参加

フランス翻訳者組合では、会員のスキルアップを目指し、通訳·翻訳のテクニック及び各分野(医療、法律、環境、金融等)に関する研修を定期的に実施しています。当社では、現状に満足することなく、さらなる顧客満足を目指して、関連する研修には必ず参加をし、スキル向上を図っています。なお、組合のアクティブ会員として、これまでに何度か、当社自ら講師を探して研修を企画、同僚と知識を分かち合うこともありました。

業界の最新情報を会員に通知するのもSFTのミッションの一つです。当社でもこうした業界情報を活用し、常に新しいテクノロジーやグッドプラクティスを取り入れています。

通訳・翻訳者の育成​

新人通訳·翻訳者の育成もSFTの大切な役割の一つです。当社では、数年前より新人チューター制度であるブーソル·プログラム(ブーソルは「羅針盤」の意)にチューターとして参加し、毎年新人の育成をサポートしています。

Japon traduction

くわしくはこちらへ

お問い合わせフォーム

[contact-form-7 id="260" title="Formulaire de contact"]

お問合せはこちらへ